西宮市 顔面神経麻痺 M.F様 50代 女性

<患者さまの声   症例:顔面神経麻痺>

―施術を受ける前の状態―

顔面神経麻痺による右側顔面神経麻痺。

目も閉じることが出来なかった。

―施術を受けた感想をお願いいたします―

見た目にはほぼわからなくなりました。

少しの後遺症はありますが、施術を受けて本当に良かったです。

※効果には個人差があります。

―治療と経過について―

2017年3月に麻痺が発症する。

右目が閉じることが出来ない、右額のしわ寄せが出来ない、右口が不自由、味覚の異常がある。

他にも右頬や目の周囲に痺れる感覚がある等を訴えられておりました。

麻痺が広範囲におよぶベル麻痺(末梢性の顔面神経麻痺)で、お薬を服用しても改善が見られない状態でした。

初診の2017年4月10日から1か月間は週2回のペースで、それ以降は週1回ペースで治療をさせていただきました。

およそ3~4カ月後に外見は改善するが、右頬部分の痺れ感が残る。

その後も同年12月まで治療を続けてられ、ご本人の訴えがおよそ改善したところで治療を終了いたしました。

顔面神経麻痺は発症してから早くご来院いただくほど、鍼灸で大きな改善効果が得られます。

もし経過が長くかかった麻痺症状であっても治療が可能ですので、ぜひ一度ご相談下さい。

―院長 榎本より―

M様アンケートにご協力いただき本当にありがとうございました。

顔面神経まひの治療についてはこちらをご覧下さい。