鍼灸治療と自律神経の働き

私たちの身体には、生命を維持するために生理的状態を一定に保つ機能が備えられてます。自律神経はこの機能を保つために、血液循環、消化、呼吸、代謝、体温の調節などをコントロールしています。

自律神経には<活動する神経>と<休息する神経>があります。主に日中からだを活動的に動かす交感神経と、夜などリラックス時に活性する副交感神経。この二つはシーソーのように活動と休息のバランスをとっています。

しかし自律神経はとてもデリケートなため、ストレスなど周囲の環境に影響を受けやすく、二つの神経がうまく切り替え出来なくなることがあります。切り替えがうまく行えない状態が自律神経失調症です。

現在の社会では交感神経が過緊張状態になり、血管が収縮して筋肉が緊張する傾向があります。身体の血行が悪くなれば疲労が取れない、コリが取れないなどの原因となります。

その反面、身体を休ませて回復させる副交感神経が活性しずらくなっています。

からだ深部の血行が滞ることで内臓も上手く働けません。

鍼灸ではからだの血液の循環を改善して筋肉を緩め、内臓の働きを整えます。鍼を深く刺さずともツボへソフトに刺激する程で、その効果があります。

鍼灸の効能として、全身の血行を良くし、緊張状態にあるからだをリラックスさせ副交感神経の働き促すことがあげられます。自律神経のバランスを整え、内臓の働き・身体の治す力(自然治癒力)を高めて症状を治癒に導きます。

健康情報