ぎっくり腰・腰椎ヘルニアの方へ一緒に早めの対策をしましょう。

早期改善して日常生活に戻りたい その思いにお応えします!

ぎっくり腰になってしまって…という患者さんが、年間非常に多く当院へ来られます。その8割以上の方は1〜3回の来院で治療が済みます。
ぎっくり腰のおおよその原因は、骨格の微妙なゆがみ、加えてそのゆがみが生じてしまう身体の状態にあります。身体の調子やゆがみへ必要に応じて調整していくだけで、筋肉が機能する状態へと向かいます。
また同様の治療をつづけていくと腰椎ヘルニアなど慢性腰痛にも、良い治療効果が得られます。
早期改善して仕事に戻りたい、日常生活に戻りたい、その思いにお応えいたします。

ぎっくり腰の治療において、当院は次のポイントでご支持をいただいております。

  1. 全身調整で骨格を整えて、早期改善、再発防止。
  2. 少ない回数で効果を実感(痛みの状態・原因により差はあります)
  3. 患部に治療するのでなく、痛みの根本原因にアプローチします。
  4. 痛くない治療のため、鍼灸に抵抗がある方もご安心ください。
  5. 痛みの原因についての説明、アフターフォローも丁寧に行います。

痛みの強いところへ治療はしません。
痛みの原因(ゆがみや体質)が改善するよう
東洋医学に基づく経穴(ツボ)へ、鍼灸治療を行い痛みを取り除きます。

ぎっくり腰は腰臀部の炎症です。

症状は急性ですが、実はその原因はず〜っと前からあるのです。
原因の中で最も多いものが、仕事や疲労や生活習慣からくる体のゆがみです。ゆがみの発端は骨盤から生じやすく、腰へとだんだん進行してきます。その結果、腰の筋肉の負担が蓄積され、血行が悪くなり、ちょっとした動作や過度な負荷をキッカケに筋肉の損傷・筋膜性の炎症が発症します。程度の差はありますが、急性の強い痛みをともないます。

ぎっくり腰の応急処置

  • 痛みで動けない時は、しばし一番楽な姿勢で安静にしてください。
  • 患部が熱をもっている場合は、氷水で10分ほど冷やします。
  • 歩行が可能な状態であれば、すぐにご連絡ください

発症後にお風呂に入る、カイロを貼る、マッサージ、ストレッチ等はぎっくり腰の炎症をひどくしますのでご注意ください。

当院の患者さんに多い腰痛・疾患名

  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎圧迫骨折
  • 腰椎すべり症
  • 腰椎分離症
  • 出産後の腰痛

カラダが教えてくれる異常、その原因を診断そく治療。

まずは根本原因がどこから来ているのか診断することからはじめます。これが分かればその患者さんのカラダの状態に合わせて、選び出したツボへごく浅く鍼を施します。鍼灸によってカラダが整うと筋肉の負担が減り、身動きがしやすい状態、損傷部位のダメージをすみやかに回復へと向かわす状態をつくることが出来ます。炎症が起こっている患部(筋組織)への治療はほとんどいたしません。ぎっくり腰の痛み症状、その根本原因の多くは痛めている筋肉ではないためです。

東洋医学を基にした体質改善を行います。

たとえば、ぎっくり腰のほとんどは、骨盤(仙腸関節)のゆがみ・ズレから引き起こされた腰部(筋肉組織)の負担が発症原因となります。また普段のクセやわるい姿勢、睡眠不足、肉体的・精神的ストレスなどの日常生活で心身に負担がつもりに積もっても、ぎっくり腰は起こりやすくなります。 カラダの不調・内臓(肝・腎)の働きの低下が骨盤のゆがみを生じやすくすると東洋医学では考えます。ぎっくり腰を起こしやすいカラダの状態(身体の不調・内臓の働きの低下)を鍼灸で定期的にケアしていけば、くりかえし起こる痛みの再発を防ぐことが出来ます。

たとえ手術しか方法はないと言われても

腰椎ヘルニア、狭窄症、すべり症、このような疾患からくる坐骨神経痛はつらい、けれど手術だけは避けたいと思われている方は多いのではないでしょうか。
痛み止の飲用から神経ブロックや理学療法などの保存療法(手術以外の治療)をおこなってもなかなか改善の糸口がみられない。最終的には手術をするべきか迷っているようでしたら、当院にご相談ください。
カラダに負担をかけない鍼灸により、症状の緩和から良好な状態を維持できるケースはよくあります。いちど改善すると、そのあと上手くご自身のカラダと付き合っていけば再発がしずらくなります。

再発防止、ひどくならないためのアフターフォロー

生活や日常お仕事での体のクセや姿勢、体のバランスは意識していないと崩れがちになります。
当院では東洋医学に基づく「経絡・経穴」を使った鍼灸治療を採用し、体のゆがみを改善させて、全身の調子を上げることを目的とした治療を行っております。結果として体を動きやすい状態に整えたあとは、回復が早くなり慢性腰痛・疾患への進行も防ぐことができます。それには、治療とあわせて日常生活での改善点・予防策をお伝えするアフターフォローもたいせつになってきます。当院では、これを丁寧に行っており症状の再発防止にも力を入れております。