はじめての方も安心していただけるように、治療の流れをご説明いたします。

  1. 問診

    問診表にご記入ください。

    それをもとに、いつから症状があるか、どのようにして発症しのたか、既往歴、生活環境、病院の受診結果などを聞かせていただきます。
    痛みがある場合はどういう動作がつらいのか、からだの動きを確認いたします。

  2. 触診

    脉診(みゃくしん)と腹診(ふくしん)

    手の脉、腹部の皮膚の艶、他にもくびや肩の張り感、手足のツボを診察していきます。
    問診の内容と診察から得られた情報から病・症状の原因を診断し、治療方針を決定します。
    今から行う治療の説明、使うツボなどを紹介していきます。

  3. 施術

    施術開始

    ツボに1~3ミリ程度で鍼、お灸の施術をします。
    必要がある場合のみ腰や臀部に鍼を少々深めにすることがあります。
    鍼に抵抗がある方へは刺さらないタイプの鍼での治療が出来ますのでご遠慮なくおっしゃって下さい。

  4. 説明

    本日の施術の説明

    今のからだの状態、治療の目的、症状の予後を説明させて頂きます。
    痛みのある症状でしたら、問診時に確認したからだの動きを再現します。

  5. 終了

    施術終了

    予後の判定や、これからの治療予定。からだを良い方向に向ける生活のコツ、患者様に合わせた食事や睡眠に関する養生法をアドバイスさせて頂きます。 不明な点など、お気軽に問い合わせて下さい。